ショック波制御

ショック波制御
JIS,MIL等に規定されている正弦半波・のこぎり波・台形波の三種類のクラシカルショック波試験が行えます。
試験体を含む振動発生機の伝達関数を計測し、補正を施したショック波を出力しますので精度の高い試験が可能です。また、ショック波の繰り返し加振及び実測波形によるショック試験が可能です。
仕様
規格 JIS-C0041, MIL-STD-810, ユーザー指定
波形 正弦半波, のこぎり波, 台形波
極性 +, -指定可
設定パルス幅 0.5ms~150ms
制御周波数範囲 25, 50, 100, 200, 500, 1000, 2000Hz
制御分解能 100, 200, 400, 800, 1600, 3200, 6400, 12800, 25600ライン
オプション SRS(衝撃応答スペクトル)

オプション
SRS解析/合成
サインビート波
ページ上部へ戻る