制御・計測

RPT5-01A

SEAGULL I/Oボード

 

概要・特徴

● 筐体内への3chシステムクロック出力
● フロントパネルからの1ch マスタクロック、トリガグラント入力
● フロントパネルへの1ch マスタクロック、トリガグラント出力
● 異なるSEAGULLシステム間の同期が可能

機能・仕様

システムクロック出力仕様 出力点数 3ch
出力周波数 マスタクロックの1~131070分周まで1/2クロック毎に設定可能
マスタクロックソース オンボード2系統、フロントパネル1系統から1つをソフトウェアで選択
絶縁 なし
オンボードマスタクロック 点数 2ch
周波数 16MHz、32.768MHz
マスタクロック入力仕様 入力チャネル数 1ch
入力周波数 40MHz (max.)
クロックソース監視機能 あり
絶縁 あり
マスタクロック出力仕様 出力チャネル数 1ch
出力周波数 40MHz (max.)
絶縁 なし
電源、環境仕様等 質量 170g (typ.)
動作温度 0 ~ 50℃(強制空冷あり)
動作湿度 0 ~ 90%(結露無きこと)
電源電圧 DC+12V±5%(筐体から供給)
消費電流 300mA (typ.)
絶縁耐圧 F.G. ⇔ 内部ロジック間  : AC500V (1min)
F.G. ⇔ 入力信号間  : AC1500V (1min)
入力信号 ⇔ 内部ロジック間  : AC1500V (1min)

ダウンロード

RPT5-01A
データシート
RPT5-01A
ログインするとダウンロード可能になります。
お問い合わせはこちら
ページ上部へ戻る