モデルベースデザイン

MBD(モデルベースデザイン)とは?
マーケットのニーズに応える多機能・高品質な製品をタイムリーにリリースするため、制御アルゴリズムの研究・開発において、RCPやHILSといった実機をリアルタイムシミュレートし、開発を進めるモデルベースデザイン(MBD)の手法は既に標準的なものとなりつつあります。
当社では、教育機関向けのエントリーモデルから多種多様なアプリケーションの対応可能なモデルまで幅広くモデルベースデザインの実機環境をご用意しています。

 

●RCP

ユーザーが新たに設計した制御/信号処理アルゴリズム(Simulinkモデル)を自動コード生成し、リアルタイムターゲットマシンに実装することで実機テストをおこなう手法です。

【利点】
  • 検討したモデルを素早く実機テストへ移行可能
  • パラメータの適合及び信号測定の為の環境構築を素早く実施
  • 実機試験の為の基板試作工数削減

●HILS

実機挙動を再現したSimulinkモデルをリアルタイムターゲットマシンに実装することで、実機を模擬する手法です。

【利点】
  • 困難な実機テスト実施の障壁を低減
  • 再現性の低い状況を繰り返し再現可能
  • テスト実行自動化による業務の効率化

 

 

実績及び想定アプリケーション

ページ上部へ戻る